Home施工例 <壁リフォーム>

施工例 <壁リフォーム>

中川金物では、地元を中心に屋根、外壁、雨樋などの工事を数多く手がけてまいりました。
新築他、リフォームも行っておりますので、悩んでおられる方などご参考にして頂ければと思います。

外壁モダン和風リフォーム 1

          Before                     After
外装 リフォーム 外装 リフォーム


トタンでまた張り替えてほしいとの依頼です。築40年近い壁は錆びてきており、張替え時を迎えていました。 隣と密接しているため、施工が早く残材が出にくいカバー工法で施工しました。 壁はもちろんのこと、破風・軒裏・霧除けのヒサシ・戸箱すべてファインスチールで施工してあります。 ファインスチールとは、焼付け塗装のガルバニウム鋼板で、錆にも強く色あせしにくい素材となっております。 むかしのトタンとは違い進歩しております。外壁は今流行の山高がある角型スパン似の、6山角波を使用。 スパンより安く、張替が容易な材料です。 茶色で既設のように張るのも良いですが、せっかくのリフォームなので、思い切ってストライプを入れ和風色でモダンな 感じに仕上げました。
お施主様も他にはない感じで、綺麗に生まれ変わったと大変喜んでいただけました。


ページトップへ

外壁和モダンリフォーム 2

          Before                       After


外壁総リフォームの御依頼です。
築17年近い立派な和風のお家です。家を建てられた元請け様とも過去にお付き合いがあって、 骨組みにいたる木の太さ、木材料の品質が良いことを良く知っていたため、今後もこのお家を長く気に入っていただけるような仕上がりに力をいれました。
リフォーム前の外壁は、背丈くらいの高さまで全体にガルバニュウム鋼板が使われ、その上部にはモルタルが使用してありました。
17年という年月の間にモルタル部分には、はがれ・塗装の劣化・ひび割れがあちらこっちらに見受けられましたが、 背丈部分のガルバニュウム鋼板には少々の色アセはあるものの、錆はなく、もちろんひび割れなどもありません。 まだ張替にはほど遠い状態で、ガルバニュウム鋼板の良さを改めて感じました。
お施主様も「モルタル部分はガルバニュウムにしてほしい」との要望のため、リフォームには高い反射熱が得られるガルバニュウム遮熱鋼板を使用しました。
その上、既存のモルタル壁の上に下地を施工したため2重構造の断熱効果も得られました。
全面に足場をかけたため、今後数十年と手を加えなくて良いように、破風板ガルバニュウム鋼板巻き、樋の架け替え、
オールステンの受け金具・ステン換気フードへの変更、雨戸・出窓上・瓦上水切り板の塗装・軒裏。
木部の全面クリーニング、塗装もさせていただきました。 中川金物ではリフォームの「御相談・御商談・打合わせ・施工・メンテナンス」まで担当技能士が行いますので、施工までのズレが無く 、品質の良い材料をお値打ちに提供できます。
また、役場等のリフォーム補助金制度にも対応いたしますので、御説明、書類等も承ります。
今回も何社かの中から中川金物に決めて頂き誠にありがとうございました。

ページトップへ

外壁総リフォーム

          Before                       After
外装工事 リフォーム 外装工事 リフォーム


ペンキ塗装はすぐに塗り替えなくてはいけないから、"他の方法で綺麗にしてほしい"との依頼でした。 「すべて任せるからっ」と言われ、色だけ相談し、後はお任せで施工させて頂きました。 外壁・破風・軒裏・ヒサシ・戸箱すべてファインスチールで施工してあります。 ファインスチールとは焼付け塗装のガルバニウム鋼板で、錆や色あせに強い素材となっております。 このように全て覆うことによって新築のような外観に生まれ変わります。ファインスチールは多種多様の種類・ 色・形がありますので、用途や建物の雰囲気に合わせてお選び頂けます。 また、窯業系サイディングと違い大変軽く、コーキングによる目地切れ等の心配もいりません。 いつまでもリサイクルでき、長期メンテナンスを必要としないファインスチールをぜひご検討ください。

ページトップへ

洋風住宅リフォーム

          Before                     After
外壁工事 リフォーム 外壁工事 リフォーム


屋根→カラーベスト・壁→窯業系サイディング 15年位前に建売住宅で流行った組み合わせのお家です。 お施主様は中古住宅として購入後すぐにリフォームを依頼されました。 屋根はフッ素塗装を焼き付けたガルバニウム鋼板を使用。錆や汚れに大変強く、色も非常に変わりにくい材質です。 外壁にはフッ素塗装を焼き付けた金属サイディングを使用。外壁の裏にはウレタンフォームが付いており、断熱効果が非常に高く、 汚れ・色あせ等にも大変強いです。 壁の模様も、レンガ調やキュービック、コンクリート柄まであり、選択の幅が広いです。 金属素材がいいけど、今風の柄が良いという方には大変お勧めです。 窯業系サイディングのようにコーキングによる目地切れ等も発生しないため、長期間メンテナンスを必要としません。
洋風住宅リフォームには大変お勧めの素材となっております。


ページトップへ

Advertising

Copyright (C) NAKAGAWA All Rights Reserved.